二重になるまで時間のかかる瞼が厚い人や奥二重の人の場合、根気が必要

キレイな二重に憧れて、これまで色々な二重瞼形成化粧品を試してみたけれど、なかなか満足のいく製品に出会えなかった、という人は少なくないと思います。そんな人達が「本物の二重が作れるアイテムがある」と言われても、すぐには信じられなくても仕方ないでしょう。しかし「そんなの宣伝文句に過ぎないんでしょ?」と疑いながらも、一方で「今度こそは大丈夫かも...」と密かに期待したくなるのが女性の心理というもの。

 

又、仮に優れた二重美容液があっても、成果が出るまでひどく時間がかかるようでは使う気になれないものです。だからSNSや雑誌で大きな話題を集めているナイトアイボーテを試そうという気になっても、口コミ通りの成果が出るまでどれだけの時間が必要なのか、確かめてから購入を決めたい、という考えも当然だと思います。

 

 

効果が出るまでの時間は個人差が大きい

 

「偽二重を卒業して本物の二重を目指す」との謳い文句で人気を集めているナイトアイボーテ。しかし実際に「本物の二重」になるまでの期間はと言うと、個人差が大きいため一概にどれくらいとは言い切ることは出来ないのです。口コミを調べても、使用開始後たった2〜3日で二重になったという投稿もあれば、半月とか1カ月という人もいますし、癖付けができるまで3カ月かかったケースもあります。中には一向に効果を感じられない人もいるようです。

 

ですから何日間あれば二重になれるとか、少なくとも何カ月は続ける必要があるといったように具体的な期間を示すことはできません。ただ一つ言えるのは、瞼に厚みがある人や奥二重の人は成果を実感できるまで時間がかかる傾向にあるということです。

 

瞼の脂肪が気になる人は、マッサージを取り入れる

 

奥二重も二重瞼の一種ですが、瞼の脂肪が多いため上部が覆い被さる形で二重の線を隠している状態の瞼です。一見すると一重にも見られがちなので、ハッキリ二重だと分かる瞼に憧れる奥二重の人は少なくありません。

 

ナイトアイボーテで癖付けしやすいのは、やはり脂肪の少ない薄い瞼だと言われています。それに比べると、奥二重のように脂肪が多い瞼や厚みのある瞼は二重のラインを形成しにくいものです。ただそうした瞼の人でも辛抱強くナイトアイボーテでを使っていたら、二重の線ができたという事例もあるので、結果を急ぎ過ぎないことが大切でしょう。

 

また瞼の脂肪が邪魔して、なかなか二重の線が定着しない場合には、マッサージで脂肪を少なくする方法もおススメです。上手くいけばナイトアイボーテに頼らなくても、この方法でパッチリとした二重瞼を手に入れることも期待できるでしょう。ただあまり厚い瞼だと、マッサージだけで効果を得るには限界があります。

 

二重美容液でもマッサージも効果がないなら、最後の手段としてプチ整形という選択も考えられるかもしれません。

 

二重の線をつけやすくするポイントとは

 

ナイトアイボーテは寝ている間に二重の線を付けるためのアイテムです。つまり、まばたきをしない睡眠中の方が癖をつけやすい点に着目して作られた製品であり、夜に塗って次の朝に落とすという使い方をします。中には1日中つけていれば早く効果が出るだろうと、日中にも塗っている人もいるそうですが、これは正しい使用方法ではありません。

 

正しく使うことは勿論ですが、より効果を引き出すためのポイントも幾つかあります。まず二重の線を付ける際、幅を大きくとり過ぎると癖がつきにくくなるため、幅はほどほどの広さにしておくことです。更に糊を付けた後は、乾燥し切らない段階でY棒を使って癖をつけておくと良いでしょう。

 

また瞼がむくんでしまうと良くないので、それを防ぐためにも床に入ってからは横向きやうつ伏せの体勢で眠らないよう気を付けて下さい。そして起床後の洗顔でナイトアイボーテを落とす時は強く擦らずに、瞼を柔らかく撫でながら洗うように心がけましょう。

 

尚、目が覚めた時、瞼が一重になっていたら指先で再度二重の形を付けておくと良いですね。

 

最後にもう一言。公式サイトではお得な定期コースも用意されていますが、自分が使ってすぐに効果が現れるのか気になる人は、まずお試しのつもりで単品で注文すると良いでしょう。

こちらのキャンペーンページなら通常価格は4500円(一ヶ月分)ですが、初回限定2980円で購入できます。

詳細ページはこちら

ページの先頭へ戻る